不動産経営に役立つトーシンパートナーズ|利用の前に知っておこう

積み木を持つ人

不動産経営をサポート

住宅

ターゲットや立地に注意

主に不動産の売買やマンション等の企画・開発・販売を事業としているトーシンパートナーズは複数の人気マンションブランドを展開している企業としても知られています。不動産経営にあたっては注意すべき点も多く、トーシンパートナーズと契約を交わす前に確認しておくべきこともあります。注意点の1つ目は、対象となる物件のターゲットがトーシンパートナーズが得意とする分野と合致するかどうかを確認しておくことです。例えばマンション経営ならば、トーシンパートナーズは主に都心部での運営を得意としており、特に単身者マンションの経営では定評があります。また2つ目の注意点に、立地に関しても問題が無いかを確認した上で契約を交わすことです。立地の悪い物件は収益性にも問題が出やすいため、トーシンパートナーズの担当者とよく相談して、収益の見込めない立地は回避することも大切です。

サポートやシステムを知る

マンション等の建設購入から、不動産管理業務や賃貸保証に至るまでのトータルサポートを得意としているのがトーシンパートナーズです。とりわけマンション経営には多額の初期費用が掛かる上に、経営開始後も出納管理や賃貸契約業務、入居者募集などの数多くの業務を行う必要があります。そのためトーシンパートナーズの利用を検討する場合も、マネージメントシステムやアフターフォローの情報に関して知っておくのが理想です。トーシンパートナーズは大きく分けて2つのマネージメントシステムを提供しています。1つが管理代行システムで、入居者管理全般のみを主に請け負ってくれます。そしてもう1つが借り上げシステムで、手取額は管理代行システムよりも低いですが、代わりに家賃保証が付いているのが利点です。

投資用物件の購入方法

集合住宅

高い利回りの収益物件を大阪市内で探す場合には、価格が割安な市内中心部の一棟売りのアパートが魅力的です。しかし長期的な経営を考えた場合には、鉄筋コンクリート造りのオフィスビルやマンションへの投資が最適です。

Read

所有物件の扱い方

不動産

賃貸管理会社をどこにするのかを考えるなら、真っ先に経験が豊富なのかどうかを調べる必要があり、それは資格を有しているのかが目安となります。近所に物件があるなら直接見に行けば良いですし、そうでないなら点検はどのような間隔で行なうのかなど指定しておくと良いでしょう。

Read

入居者集めと管理が重要

一軒家

通常リロケーション物件は家主が不在となるため、その管理業務が問題となります。この問題を解決するためには、リロケーションを取り扱う管理会社に管理業務を委託する工夫が有効です。知っておきたい情報としては、入居者を集めるために家賃相場を調べておくことも重要です。

Read