不動産経営に役立つトーシンパートナーズ|利用の前に知っておこう

住宅模型

入居者集めと管理が重要

一軒家

管理業務も委託できる

転勤などによって生じた留守宅の貸し出しがリロケーションです。そのため家主が直接留守宅を管理できないケースがほとんどであり、管理をどうするかがリロケーションを行う場合の大きな問題となります。しかし管理業務は工夫次第で留守の間でも行えます。例えばその方法の1つが、リロケーション管理会社に管理業務を委託してしまうことです。敷金の立替えや、回収督促業務なども管理会社が行ってくれるので、賃貸経営でありがちなトラブルも回避可能です。また入居者探しを自分で行うだけの時間が無い場合、管理会社が家主から転貸するプランを利用する工夫も有効です。この契約形態ならば賃料収入自体は減りますが、入居者が見つからなくても管理会社から賃料を受けとれます。

家賃相場知る

住宅ローンが残っている場合、リロケーションに際しては確実に家賃収入を得る必要があります。安定した収益を上げるには、物件の入居希望者を早い段階で集める手腕が大切です。そのためにはリロケーション物件の家賃相場はもちろん、周辺地域の家賃相場についての情報も得ておくことです。家賃相場の調べ方は、賃貸情報サイトの検索システムを用いることで調査できます。またリロケーションサービスを取り扱う不動産会社に相談をするのも、適切な家賃を設定する上で役立ちます。契約年数によってもリロケーション物件の賃料は変動します。多くの借主は長期に渡って住める物件を望むため、契約期間が短いようならば賃料を相場よりも安くするといったテクニックも入居者集めに繋がります。